名作アニメの公式動画が無料で視聴可能スーパーミルクちゃん1話

哺乳瓶


名作アニメ

「狼なんか怖くない」(おおかみなんかこわくない)という楽曲がある。1978年3月25日に発売された、石野真子さんのデビューシングルだ。石野真子さんと言えば最近では主に母親役を演じている場面を多く見かけるが、実は相当の実力を持つアイドルだった。いや、現在でもアイドルである。

どのような楽曲なのか興味のある人も多いだろう。聴けば、どことなく懐かしい、何処かで聴いたことのある…でも、何故か悲しくなる…寂しくなる…。そう、日本人のDNAに刻み込まれた記憶がそうさせている。そんな名曲をオープニングにしている名作アニメがある。(歌い手さんは、ミルクちゃん:中村春香さんだが)…そのアニメのタイトルは…

OH!スーパーミルクちゃん

…というくだりに見覚えのある人も多いと思うが、比較検討のためだ、必要以上に気にしないでほしい、その名曲をオープニングにしている名作アニメのタイトルは「OH!スーパーミルクちゃん」だった。


公式動画が
無料で視聴可能

公式動画というわけではないが、もはや伝説となっているタイトルの映像を観たいというアニメ好きの人も多いだろう。例えば…。

  • エースをねらえ!
  • マジンガーZ
  • 巨人の星
  • キューティハニー
  • デビルマン

などだ。聞いたことはあるが、タイトルと動画(え)が結びつかない人もいるはずだ。だが、このような伝説級のアニメのオープニングやエンディングを一部ではあるが、自身のオープニングに取り込むという離れ業をやってのけた名作アニメがある。(パロディだが)

…そして…エンディングテーマは「ツッパリHighschool Rock’nRoll〜大統領編」という楽曲だ。1980年代前半に一気に若者等の人気を掴んだ横浜銀蝿の楽曲が元ネタの替え歌となっている。

なかなかに趣向の凝らした、オープニングとエンディング。この動画が無料で視聴可能出来るとは、凄い世の中になったものだ。

…の、ように。OH!スーパーミルクちゃん…は、ある種の予定調和があるように見受けられるが…さて、今回の内容は…

原点にして頂点

そして、今回紹介する作品は、OH!スーパーミルクちゃんよりも前に作られた作品だ、オープニングもエンディングもない。だがシリーズの原点にして頂点、現代社会では表現不可能な内容など、じっくりと堪能してもらいたい。


スーパーミルクちゃん

この動画はニコニコ動画に公式にアップされているものだ。タイトルは「スーパーミルクちゃん」無料で視聴可能となっている。しかもフル尺だ。第1話のみだが、時間にして約4分心の底から楽しんでほしい。

第1話 ミルクちゃん登場の巻



お腹一杯

第1話を観ただけで盛りだくさんの内容に相当お腹一杯になったはずだ。あくまで個人的な話だが、今日現在よりも表現に対しての規制がふんわりとしているので、制作者の意図することや感情がストレートに伝わってきて、色んな意味で「面白い」…1話以降は有料となっている。これほどの名作、致し方が無いだろう。とはいえ、動画配信サイトも増えてきた昨今、期間限定で、もしくは、広告付きで構わないから無料で視聴させて欲しいものだ。


余談

「すーしーすーしーおーすーしー♪」等と歌ってる輩に心当たりがあるとしたら、その輩はBingoだ!そいつはその人はスーパーミルクチャンちるどれんだ、間違いない。


 

この投稿をInstagramで見る

 

SuperMilkchanさん(@supermilkchan5321)がシェアした投稿


OH!スーパーミルクチャン 公式サイト

当初は1998年6月18日から9月24日までフジテレビ系深夜番組のFlyer TV内で『スーパーミルクちゃん』のタイトルで放送された約10分の短編アニメ(全14話)。後に2000年より現タイトルにリニューアルされ30分番組となり、おもに衛星放送にて放送。特にアニマックスでは頻繁に放送されていたが、後半は単に編成で空白が出た時に尺埋め番組として多用された。

また、一時期shockwave.co.jpで「OH!スーパーミルクチャン ミルクのIT革命」という番外編的なアニメが配信されていた。

アメリカのカートゥーンネットワークでも『The Super Milk-chan Show』というタイトルで深夜に放送された。

キャラクターグッズも多く発売されており、ウェブサイトやビデオ・DVDにてオリジナル新作が発表されている。

Wikipediaより抜粋引用


【私的出来事】Private News Laboratory【情報研究所】

県外車が数台、内緒の向日葵写真撮影エリアに来ていた。やっぱり、私だけの場所って訳には行かないかーと、ちょっとがっかり…ま、線路からはよく見えるし、SNSとかもあるしねー。向日葵を撮りに来ているのではなくて、向日葵越しの「電車」を撮りに来ている人ばっかりだったよ。私(watakusi)でした。