幕間…高次元生命体(時間軸を含む)

3Dリビングルーム


【私的出来事】
Private News Laboratory
【情報研究所】

自分の存在する時空・次元が全てだと思わない方が人生楽しい。


高次元生命体(時間軸を含む)

雑に平たく説明すると…

  • 「 点 」 である0次元
  • 「 線 」 である1次元
  • 「 面 」 である2次元(大好き)
  • 「 立体 」である3次元

…そこに「時間軸」のもう一次元を加えた4次元がわたしたち人間が存在する次元だとされているのだけれど、果たして…4次元が全てなのだろうか…。

映画インターステラーでは5次元が存在し高次元生命体(時間軸を含む)の存在が…(ネタバレになるので割愛)…だったが、実は、わたしたち人間がすでに高次元生命体なのだ…という、妄想話


前提「 ヒト 」

素粒子にとって原子は広大なあまりにも想像を絶する程に広大な宇宙であり、4次元だ。

原子にとってヒトゲノムは広大なあまりにも想像を絶する程に広大な宇宙であり、4次元だ。

ヒトゲノムにとって細胞は広大なあまりにも想像を絶する程に広大な宇宙であり、4次元だ。

細胞にとってヒトは広大なあまりにも想像を絶する程に広大な宇宙であり、4次元だ。


プランクトンには
プランクトンの宇宙

一滴たらした海水、ヒトにとっては0次元に見えるような水滴なのだけれど、その海水の水滴の中にはたくさんのプランクトンが生きている。ヒトから見れば0次元の点のような物の中に生きている者たちにとっては0次元ではなく4次元なんだよね。

そして彼女ら(彼ら)は水滴が宇宙だと思っている(ハズ)…ま・さ・か、超高次元生命体となる、ヒトの存在など微塵も考えていない(ハズ)


ヒトだって…

4次元だと信じ切っているミジンコたちの宇宙(水滴)にヒトが何らかの介入をしても、果たして…ヒトの存在を認識できるのだろうか…。同じことは、わたしたちヒトにも言えるよね。宇宙が全てだと信じ切っているヒトが大半だと推測するのだけれど、はてさて…プランクトンにはプランクトンの宇宙…ヒトにはヒトの宇宙…ヒトにとっての高次元生命体はやっぱり存在すると思うよね。


【私的出来事】Private News Laboratory【情報研究所】

本当に居心地のいい場所っていうのは、常識の外側なのかもね。知らず知らずのうちに、固定観念、既成概念、先入観…みたいなものでがんじがらめになってしまっていて、でも、それに気が付かなくて…その状態で居心地のいい場所探してもなかなか見つからないよね…私(watakusi)でした。