被害額が200億円を超えて2万頭以上増え森が消える

丘-風景-ミスト-煙-森林-889131

今回も意味不明のタイトル
5、6年前…
何かラジオ番組で聴いたのが
興味を持つきっかけ。


被害額が200億円を超えて…

鳥獣による農作物被害額が200億円を超えている。動物別に被害を見ると、トップはシカ80億。イノシシ60億、サル18億、クマ3億。野生種は増えすぎて、人里に出現して騒ぎを起こしている。

シカの増加

森林についても放棄地が多くシカの増加を励ましている。今はシカの増加がすごい。


2万頭以上増え森が消える

北海道を除いても2011年、本土と九州で261万頭。兵庫県を見ても、約13万頭以上。毎年2万頭以上が増えていく。シカのメスは1年で成長し、翌年には子を産む。10年後には本土と九州だけで500万頭に増加する勢い。シカは草どころか木の皮を剥いで食べる。森が消える。山全体を枯らすという事態が深刻化している。

狩猟者は限りなく少なく

70年代に40万いた狩猟者は、2010年で8万人になった。鉄砲を持つ人が限りなく少なくなって、シカを撃つ人がいないので、かつてのようにシカを食べる文化を日本人の暮らしの中に復活させよう。シカ、イノシシ、クマをちゃんと食物として食べようではないか。でないと大変なことになる。


ジビエ

フランスでは料理としてある。ジビエ料理は何で分けているかというと、普通は育てた豚、牛、鶏。育てた食肉とジビエ(野生のもの)を二つ抱き合わせにしてちゃんと食事文化に取り入れよう。現実問題として、ジビエにしてシカを食べるにしても、500万頭は喰いきれない。鶏、豚、牛と違ってシカを肉にするのは大変。ハンターが撃った後、回収に行くのが地理的に大変。撃った後、担いで里までおろすというのが大変なので、肉にして食べるのは大変。


そこで…

提案がもう一つ…。

(つづく)


【私的出来事】Private News Laboratory【情報研究所】

雪が降りました。

雪は正直イラナイ。

でも、必要なところには必要な分だけ降ってほしいのだけれど、自然を相手にそれは難しい話よね…私(watakusi)でした。